住宅資材部門

より詳しい情報はこちらから(住宅資材部門専用HP)

独自の生産ラインにより、暮らしに安心をお届けする住宅資材を開発しています。

建築基準法の改正、品質確保促進法の施行、住宅性能表示制度などの新たな取り組みにより、接合用金物や基礎用金物における強度、耐久性、機能性、施工性のさらなる向上が求められています。

株式会社タナカでは、最新の試験機器・生産設備による最適化ラインを整備。

企画設計からサンプル作成、フィールドテストなどを通じて、オリジナル製品も積極的に開発しています。

今後も、安全で安心な暮らしを支える住宅資材のプロとして、住宅建設の新たな道を拓く多彩な製品をお届けします。

※より詳しい情報・お問い合わせは「住宅資材部門HP」(外部リンク)をご覧ください。

  • 企画・開発

    製品づくりは開発スタッフによる設計や試作制作・フィールドテストから始まります。30年以上に及ぶ住宅資材事業の経験と創業以来変わらない製販一貫体制を活かし、お客様のニーズや施工現場の声もいち早く、商品開発へフィードバック。住宅市場の多様化に対応する高品質な金物を次々に企画・開発しています。

  • 製造・検査

    材料の選定から、プレス・成型・溶接、梱包に至るまで。タナカは、主商品について素材が完成品となるまでの全生産・製造工程を自社工場で行っています。工場内には最新鋭のロボットやNC装置、各種プレス加工機などを導入。独自の最適化ラインを敷設し、高品質・高精度の製品を効率的に一貫生産しています。

  • 試験・金型製造

    自社内に、耐力面内せん断試験や引張・圧縮試験機などの各種試験装置を導入。入念な試験・実験を行い、製品の耐久性・耐震性・施工性向上に努めています。また、より精度の高い製品づくりのために自社内に金型設備も拡充。ここから誕生した多くの新製品が「タナカオリジナル商品」として実用新案・意匠登録、商標登録を受けています。

  • フォローサポート

    接合金物に関する使用方法や納まりなどに対する問合せに加え、様々な資料の請求に対応するCSセンターを設置。また工務店様、ビルダー様の業務を様々なメニューでサポートするTC住宅サポートの会を運営。
    様々な側面からユーザーのサポートを行っています。

  • 配送ネットワーク

    商品を迅速かつ確実にお届けすることも、タナカの考える「製販一貫品質」。それを実現しているのが、IT技術を活用した物流管理システム、そして茨城配送センター、新潟配送センター、名古屋配送センター、大阪配送センター、福岡配送センターの5拠点を軸にした配送体制です。一方、商品紹介やサポートを担う営業所は、北海道から九州まで全国9か所に開設。タイムリーなサービスに努めています。

ページの先頭に戻る